訪問看護師はスキルが高い

訪問看護とは、病気や障害をもった人が、住みなれた地域や家庭で療養している人を、看護師や保健師が老人ホームなどを尋ねて行って、指導や介助などの健康管理することです。
訪問看護師は、指示をする医師が傍にいないので、医学の総合的な知識が必要です。看護技術と共に、転倒防止、風邪予防の指導や、緊急時の判断力が求められるものです。
訪問看護師は、訪問看護ステーションに所属していて、派遣されます。
訪問看護のサービスの内容は、24時間365日対応します。
1.療養中の人の身体清拭、洗髪、入浴介助、食事や排泄の介助と指導。2.病気や障害の状態チェック、血圧、体温、脈拍などのチェック。3.癌の末期や終末期にも自宅で過ごすことができるように手伝う。4.抱縮予防、機能回復、嚥下機能訓練。5.家族への介護支援と相談。6.かかりつけ医師の指示による医療処置。7.在宅酸素、人工呼吸器の管理。8.床ずれ予防の指導や工夫と手当。9.認知症の事故防止、介護相談、アドバイス。10.栄養管理指導、運動機能低下予防のアドバイスなどです。
訪問看護師が行う医療処置は、病状観察、褥創処置、創傷処置、バルーン交換、膀胱洗浄、摘便、喀痰吸引、筋注、点滴、回路交換、カニューレ交換、採血、検尿、心電図などです。
訪問看護を利用するためには、かかりつけ医師の指示書が必要です。それを受けて。訪問看護ステーションが看護師を派遣します。
訪問看護ステーションは、全国に5、000以上あり、訪問看護師自身が運営しています。利用できる保険は、医療保険、介護保険、公費負担医療などです。参加しているスタッフには、看護師、保健師、助産師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などです。かかりつけ医師の所属機関は問いません。
病院や診療所には、訪問看護部門が設けられていますので、問い合わせてりようすることができます。
他には、自費の訪問看護サービスもあり、民間の企業などが行う訪問看護サービスです。訪問看護ステーションや病院、診療所からの訪問看護と同様、プロの訪問看護が受けられ、特殊なケアやオリジナルのメニューが用意されています。
電話での相談も公益財団法人・日本訪問看護財団が受けております。どこへ頼んだら良いのか、どんなサービスがあるのか、訪問看護の問題とか、在宅サービスに関することに対応しています。
公益財団法人・日本訪問看護財団は、設立の趣旨が、赤ちゃんからお年寄りまで、病気や障害があっても住み慣れた地域で家族と共に生涯暮らすことができるように、ということにあります。